コンサルタントという仕事 セールス ブログ マーケティング 起業の哲学

新しい顧客層へアプローチする発想法

投稿日:

どうすれば、今までとは違うタイプの人
色んなタイプの人をクライアントにすることができるか?
    
という話をしますね。
 
 
根性論に走って、まずやってみる?
  
それも一理あります。
大事なのは【経験】です。
 
 
だから新しい層に関しては、まずモニターからはじめてみるのが
1つの手です。
 
 
例えば今までは、ビジネスコンサルをしていたとして
恋愛コンサルもしてみるとします。
 
 
本当に成功させられるか自信ないですよね?
 
だからそこはゼロからと考えてはじめはモニターからはじめてみます。
 
 
まあ、極論恋愛もビジネスも成果を出させるための方法って
本質的には同じです。
 
 
なのでモニターにする必要もないくらいですけどね。
 
 
              
でも、モニターでも何でもやってみて
そこで経験を積んで、次のステージへ行く。
 
そうすることで、幅の広いコンサルが出来るようになるんですよ。
            
 
 
私自身も色々やりました。
 
 
B to Bのビジネスもやったことあるし
B to Cのビジネスもやりましたし
B to Sもやりました。
 
 
 
だから、今誰だってコンサル出来る感覚があります。
これは経験によるものですよね。
 
        
         
ちなみに、最初は無理しました。オーバーコミットです。
 
「でも行けるだろっっ」って感覚でやりましたね。
そのおかげで今の自信があります。
      
 
       
       
何をやるにしても「本質的な事は変わらない」です。
 
 
だって、結局、そのクライアント自身が変われば
極端に言うと何でもいいじゃないですか?
         
 
 
変えるための方法という
 
自分が培ってきた事をただ一方的に伝えるわけではなく
 
 
相手が悩んでいる根本
前に進めない原因
動けない原因
 
をはっきりさせてあげることが大事です。
 
 
そこに気付いてあげて伝えてあげることができるんだったら、
自分が経験したことない状態とか分野だったとしても
関係ないって事ですね。
             
 
普段からちょっと違った分野の人と関わるようにするのもおススメです。
       
 
 
是非、この発想をつかんでほしいなと思います。

-コンサルタントという仕事, セールス, ブログ, マーケティング, 起業の哲学
-, , , , , ,

Copyright© 自分デザイン株式会社|野口哲朗公式サイト , 2018 All Rights Reserved.