セールス ブログ マーケティング 起業の哲学

ターゲットは絞るべきなのか?

投稿日:

今日は良く聞かれる質問にお答えしたいと思います。
 
 
【ターゲットはどうやって決めるんですか??】
 
 
ターゲットに関する考え方は様々ありますね。
 
 
たった1人に選定しよう!とか、
まず初めはあまり絞り過ぎるな!とか・・・
 
 
「ターゲットはどうしましょう?」
「どう絞ったらいいですか?」
 
など、本当に色々聞かれます。
これらは全て方法論の話であって、本質的ではありません。
 
 
そもそもターゲットを絞るメリットは何でしょうか??
 
 
具体的に絞ったターゲットの方が
イメージしやすく、その人の心に刺さるメッセージが出しやすい
集客しやすい
 
というところでしょうか。
 
 
ではデメリットは何でしょう?
 
 
よく聞く悩みは
ターゲットを絞ったことで集客できたが
似たようなクライアントさんしかいなくなってきた。
  
やりやすくていいが、もう少しビジネスの幅を広げたい。
  
  
というものです。
  
  
では、そもそもビジネスが成り立つ人
お付き合いできる人とはどういう人でしょうか??
  
  
それは
【あなたを信頼してくれる人】です。
 
 
あとは、この人救えるな、お役に立てるなーと思う人ですよね。
  
  
つまり、ターゲットを絞ることは悪くないんですが
あくまでも切口です。
  
最終的に救える人であればいいんです。
   
私がよくクライアントに伝えている事なんですが
 
「人は見込み客であり、見込み客は人である」 
 
つまりは、だれでも見込み客になりうるということです。
 
だれでもです。
 
 
 
もし今、あなたがターゲットを
しっかりはっきり決めている場合
そのターゲットを選んでいる理由はなんですか?
 
 
よくあるのは、私もそうでしたが
 
 
【過去の自分のような人】をターゲットにしている場合
 
それって要するに相手の気持ちもよくわかるから
クロージングもしやすいし
手軽に救いやすい人を救っているわけですよね?
 
 
でも、それって
 
「自分が経験したことのないことは救えない」
 
なんて思考に縛られていませんか?
 
 
だから新しいターゲットに移すことができない。
他のターゲットにも、よくわからないから広げられない。
 
という状況に陥るのではないでしょうか?
 
 
結論として、はじめのうちは
ターゲットは絞ってもいいと思います。
 
 
ただ、ビジネスを大きくしたり
自分のスキルを上げていくためには
ターゲットは絞りすぎずに
 
 
やはり色んな人を救える自分になった方が
自分の器も大きくなりますし
結果としてビジネスも拡大します。

-セールス, ブログ, マーケティング, 起業の哲学
-, , , , ,

Copyright© 自分デザイン株式会社|野口哲朗公式サイト , 2018 All Rights Reserved.